東京都江戸川区西篠崎1丁目6-3

診察時間
午前 10:00~12:00 / 午後 17:00~20:00
猫専門外来 火曜14:00~16:00 (完全予約制)
休診日
水曜日・祝日・日曜日午後

猫用品のご案内

猫用キャリーおすすめ品

猫ちゃんにストレスを与えないキャリーケースで来院しているかどうかで、診察の質が変わってきます。

興奮したり緊張したり、ときに攻撃的になってしまったり、パニックになって走り回ったりする猫ちゃんがいます。そうした猫ちゃんを見て、オーナー様は「猫ちゃんは病院が苦手、嫌い、ストレス なんだ。」と思ってしまうようです。しかし、実は、不適切なキャリーケースを利用しているために、猫ちゃんがストレスにさらされ不安な状態を強いられているせいで、病院に到着する時点で、落ち着いていられなくなっているのです。

猫ちゃんの落ち着けるキャリーはどんなものであるか、診察のしやすいキャリーはどんなものであるかを紹介するので、ぜひ当院おすすめのキャリーケースを準備していただきご来院ください。 

猫ちゃんにやさしいキャリーケースを知ってもらい、適切なキャリーケースを用意していただくことで、より良い診察をしたいと思っています。

おすすめのキャリーケースの備えている条件

条件1 上と横に扉があるもの
狭い開口部はだめ。扉を開くと型が崩れたり、きちんと閉じずに脱走してしまうようなもの(ジッパーやマジックテープ型)は論外
条件2 上下がセパレートできるもの
ワンタッチで手早く音を立てずにできるもの。ネジ止めはだめ
条件3 キャリーケースの大きさにあった覆いとなるバックやカバーを利用できるもの
既成品があると便利、なければハンドクラフトで
条件4 プラスチック製であること
布やナイロンは糞尿した際に不衛生となってしまう
条件5 体にピッタリフィットするSサイズであること
狭いところに押し込めるのは可愛そうというのは実は間違っています。移動と診察待ちの時間だけならば狭く小さいサイズでなければいけません

リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア Sサイズ と リッチェル ペットキャリーカバー Sサイズ の組み合わせ

リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア S ブラウン

欧米で猫ちゃんの移動キャリーといったらコレ。というイメージです。

5条件すべて満たしていますが、やや横幅がある点と上の蓋が「バッチャン」と大きな音を立ててしまう時があり、猫ちゃんをびっくりさせてしまう(ときには、音がきっかけでパニック暴れの引き金になってしまう)ので気をつけてください。

リッチェル ペットキャリーカバー S ブラウン

購入のしやすさや専用のカバーを利用できる点がメリットです。

蓋なしのものや大きなサイズを間違って買わないように気をつけてください。それらはランク外です。


その他にも条件を満たすキャリーケースは探すといろいろあります(キャリーカバーは自前で用意する必要があるタイプ)

その他にも条件を満たすキャリーケースは探すといろいろあります。若干横幅が広いのが気になるのはどれも同じです。 上の扉が縦開き、横開きはどちらでも構いませんが、全面が開かない(半分ずつしか開かないものや中央が蝶番になっている開口部が狭い)ものは避けてください。 リッチェルの製品に比べて安価なものも多く見受けられます。探せば同様のものはたくさんあると思います。 キャリーケースだけでなく、それをすっぽり覆うことができるカバンや布(風呂敷でも)を一緒に準備するのを忘れないでください。

フララニ ハワイアンビッグトートバック

リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア S ブラウン

自作のカバーを用意するのが大変な方には、これをおすすめします。キャリーをすっぽり入れることのできるこのトートバッグは肩にかけることができますし、サイドのポケットが便利です。キルト布の遮音性、保温性も猫ちゃんのストレス低減にとって抜群のメリットとなります。
「ハワイアンキルト」「トート」「大」で探してみてください。

おしゃれだったりかわいいキャリーケースは旅行用にしていただいて、病院に来る際は猫ちゃんの居心地を最優先したキャリーをご用意していただけたら嬉しく思います。